こんにちは、takeshiです。

 

今日もご訪問頂き有難うございます。

 

こちらをポチっとお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

ランキングにも参加しています。ポチっとお願いします。

↓ ↓ ↓


初心者・お小遣い稼ぎランキング

 

現在でも数多く存在するネット上での胡散臭い高額塾や高額商材。

 

情報弱者をねらい撃ちした詐欺まがいの案件が後を絶ちません。

 

私もそんな案件に引っ掛かった一人でした。

 

特にインターネットビジネスというだけで、「そんなの有るの?!」

 

と思いながらもついつい動画を見てしまうものです。

 

インターネットビジネスは特別なものだと思い込んでしまうんですね。

 

大抵1話~5話ぐらいで構成されており、1話ではそのビジネスモデルを明かしません。

 

そしてその1話では高級マンションの一室でのインタビュアーとの会話。

 

中にはテーブルの上に1憶円ぐらいお金を山積みにしたり、愛車はベンツ、フェラーリ。

 

俺様を見ろ! こんなに金持ってんだぞ」とでもいう様な動画を見せつけられます。

 

大抵高級マンション、高級外車などは撮影用にその時だけレンタルしたものばかりですよ。

 

また、山積みされた現金なども撮影用に彼ら詐欺仲間によって使い回しをしているらしいです。

 

よくあるインタビュアーの質問で「実際に稼いでいる証拠を見せて下さい。」

 

と言いモザイクで良くわからない預金通帳を見せるパターンが有りますが、

 

あんなの簡単に偽造できますので信憑性は0と言っても良いと思います。

 

そして1話の動画の最後あたりに、「この動画をご覧になった感想を書いて下さい。」

 

とかいう訳の分からんコメントを書かされますね。

 

沢山の人がコメントを書いています。今思えば「さくら」が書いていた気もしますが。

 

情報弱者狙いのお年寄りや借金で首が回らない様な切羽詰まった人達がターゲットです。

 

そんな方達がコメント欄に「これでやっと借金から解放される」など書いているのを見ると何とも言えない気持ちになりますね。

 

私もネットビジネスに興味を持ち始めた頃のそんな詐欺案件販売者から

 

きっつい洗礼を受けた案件を恥を忍んでご紹介します。

 

その1 カタログビジネス

 

 

この案件は私が初めてネットビジネスに手を出したものですので非常に印象深いものでした。

 

内容はYahoo Japanから提供されるカタログの中から好きな物を選び、それに対してレビューする。

 

というもの。一件に付き1万円の報酬が発生。そしてレビュー内容は小学生でも書けるようなものでOK!

 

普通冷静に考えて、どこの企業がそんな子供でも書けるようなレビューに1万円もくれるでしょうか。

 

でも、Yahoo Japanからの提供されるカタログ。と言う事で皆騙されたと思います。

 

後日Yahoo Japanから注意書きがネットで掲載され、

 

Yahoo Japan の名を語り怪しい案件が出回っているので注意してください。

 

Yahoo Japan とは一切関係が有りません」と言う事が書かれていました。酷いもんです。

 

そしてこのカタログビジネス。

 

入会後、すぐにカタログを提供されると思いきや、課題がどんどんでて来るのです。

 

 第1課題

 

「600字以上の文章を5記事提出しなさい。」まぁ文章を書くのが好きな人にとってはなんて事ない課題ですが

 

アフィリエイター志望でもない私にとって計3000字の文章を書くのは結構大変でした。

 

それをクリアーしたら次が有りました。

 

第2課題

 

「3000字以上の記事を30個作成しなさい。そしてGoogle Adsenseを必ず取得してください。

 

GoogleAdsenseを取得しないとカタログを渡せません。」

 

なんだこれ!!」って感じでしょ。

 

もちろん動画内ではこんな事一言も言ってませんでしたからね。この時点で詐欺ですね。

 

「もう無理」って思いましたが、25万円も払ったのでそう簡単にあきらめきれず、毎日少しづつ

 

記事を書き続けました。3か月近くかかりましたが、何とか30記事作成し、Google Adsenseを申請しましたが

 

Google先生もそう簡単にはAdsense許可をくれず、内容を訂正し後5記事程足した頃2週間ほどしてAdsenseを取得。

 

やっとこれでカタログが貰える。と思っていましたが、結局そんなカタログは存在せず完璧な詐欺案件でした。

 

Google Adsenseを取得しただけでも良しですかね。

 

その後ネット上では「カタログビジネス被害者の会」が発足。何とかお金を回収しようと皆立ち上がったのですが

 

時間が経つにつれ何となく会も自然消滅。私も会の人達の意見に従い「消費者センター」へ相談し、

 

カード分割払でしたので、数か月分は支払い済みで回収できませんでしたが、残りはカード会社から支払いをストップしてもらいました。

 

多くの人達は「Google Adsenseを取得」という課題で諦めた様でした。

 

そんな経験が有ったので今アフィリエイトをしているきっかけが出来た訳なんですけどね。

 

その2  ドリームメーカービジネス

 

 

カタログビジネスを忘れかけた1年後ぐらいの時、ネット上で目にしたこれも詐欺案件でした。

 

これは、転売ビジネスです。また同じく動画5段階構成でした。今になれば販売者側のやり口が理解できるので

 

この様な方法は「プロダクトローンチ」といい真っ当なビジネス(洗脳)方法です。しかし詐欺で使うのはいけませんね。

 

話を戻します。このドリーメーカービジネス(DMB)は「メールを一通出すだけで月収100万円稼げます。」

 

が謳い文句。どういうのかというと、卸問屋にメールを配信し商品を発注。その後商品をAmazonへ転売するが

 

自分で問屋にメールするわけでも無く、Amazonのアカウントを取得しそのアカウントをこのDMB販売者が委託して

 

商品をAmazonに出品し、完売し入金された後、商品仕入れ代金をDMB販売者に支払う。

 

内容からすれば、「入金が先で出金は後」となるので損する事は無い。と判断し入会しました。

 

しかし、実際出品された商品は利益率の薄い商品で、そのほとんどの商品が他の入会者とダブり完売するのにかなり時間がかかってしまい、

 

毎月支払う(Amazonの配送サービスFBAに支払う金額+商品仕入れ金額)を売り上げ金額

 

から差し引いたら、あまりに薄利な商品と一回の出品数が10個と少ないため、初月から赤字でした。

 

後で他の入会者の人と連絡がとれまして、訪ねてみた所、やはり同じく赤字と言う事。

 

これも詐欺案件確定と言う事でネット炎上でした。

 

で、これはどいう結果になったかと言うと、顔出しで動画に出ていた人物は確かに転売経験者ですが、バックにいる

 

人物がネット上ではかなり評判の悪い人でしたので、消費者センターに行かれた人もいた様ですが、なかなかうまくいかず

 

私はグループで弁護士に返金請求をお願いいたしました。しかし、弁護士でも中々太刀打ちできずのらりくらりと交わされ、

 

最終的にはそのバックの人間が今回このDMBに参加された人達全員に全額(12分割支払い)で返金する。と言って来たので

 

安心しましたが、弁護士に頼んでしまったので弁護士報酬とられてしまうけど、「まぁそれはしかたないな」と言う事で

 

数日後1回目の返金が有り、ほっとしていましたが、3回目以降ピタっと返金が止まってしまいました。弁護士に尋ねたところ

 

「現在でも連絡は取れるので逃げる様子はなさそうです」交渉は続けています。という返事でした。

 

 

入会する前のチェック

 

気になる案件が有ったら、まず「特定商取引法による記載」を見る癖をつけましょう。

 

例えば

販売社名:合同会社〇〇〇〇

販売者:〇〇〇〇

所在地:〒123-4567 東京都〇〇区〇〇町〇〇番地〇〇号〇〇マンション 201号室

電話番号:03-123-4567

お問い合わせ先:info@〇〇〇〇.com

 

以上のどれかが記載されてない場合は要注意です。

 

電話番号が記載されていない場合やメルアドが無料メール場合、購入後逃げる可能性が非常に高いですよ。

 

電話番号が記載されていたら、通常営業日の午前中に電話を掛けたりして、ちゃんと営業しているかを確認する事も大事です。

 

時折、所在地が東京にも関わらず、千葉県や埼玉県の市外局番等記載されているのも有ります。これも怪しい要因のひとつですね。

 

記載されている住所をGoogleマップで調べるのも一つの方法です。

 

販売者がこの方法で私は年間数千万円稼いでいます。とか書いてあっても実際マップで調べて見ると

 

しょぼいアパートが写っていたり、レンタルオフィスで有ったりとかします。

 

また、合同会社の場合も注意。合同会社は設立費用は十万円かかりません、登記も簡単です。

 

案件発表直近に設立した合同会社は、詐欺案件をする為に急遽作った会社とみたほうが無難でしょう。

 

また、プロフィールで学歴、経歴詐称も多くあります。

 

ネットで販売者名を入力し、その経歴が本当かどうかも調べて見ましょう。

 

詐欺案件の販売者の多くは芸能人、スポーツ選手、など少し有名な人と同姓同名の場合が有り、

 

偽名を使っていざ調べても分からない様にしている事が多々あります。

 

その販売者が自称いくつも会社を経営したり、大手起業のコンサルをしている。と書いていても検索結果に出てこない人物であれば

 

その時点でそんな案件はスルーですね。

 

とにかく入会する前に納得するまでリサーチしましょう。

 

少しでも変だな、と感じたら止めた方が良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は自分の体験したネット上での詐欺案件について暴露いたしました。

 

私もネットビジネスを始めようと考えた頃、この様な詐欺案件に引っ掛かってしまいました。

 

この経験上「当時の私の様な情報弱者の人やどうしてもすぐにお金が必要だ

 

という人達をねらい撃ちする詐欺師たちは今でも数多く存在しています。

 

まず、「経験不要」「スキル不要」「パソコンがあればOK」とかで月収30万~50万円、酷いものだと1000万円稼げる。なんてものは論外です。

 

絶対にあり得ませんから注意してくださいね。

 

※アフィリエイトをこれから始める方や既に始めている方にとても便利なツールです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

画像をクリック↑  ATSPの詳細をご覧ください

===================================

ATSPの内容

以下の7種類のツールのパッケージです。

商品選定、キーワード選定、リサーチ、コンテンツ作成、サイト作成・管理、ワードプレス管理・記事一括投稿、無料ブログ開設・管理・投稿、アフィリリンクへの誘導のためのロールオーバーボタン作成、

これらのサイトアフィリでの各作業パートを、全体的にカバーすることができる、オールインワン・ツール・パッケージです。

 

●  A8net バカ売れ商品発掘ツール
 A-HACHI Search(エーハチ・サーチ)

 

  A8net 商品提携 補助ツール
 A-HACHI Connector(エーハチ・コネクター)

 

  口コミコンテンツ収集、口コミキーワード収集、商品・ジャンル リサーチ ツール
 User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)

 

  Yahooメール自動取得、無料ブログ半自動開設、管理、投稿 ツール
 Blog Semiauto Launcher(ブログ・セミオート・ランチャー)

 

  SEO対策済みサイト(MFI対応)簡単作成ツール
 Affiliate Site Builder(アフィリエイト・サイト・ビルダー)

 

  ワードプレス管理、大量記事一括アップロード ツール
 Wordpress Manager(ワードプレス・マネージャー)

 

●  ロールオーバーボタン、ボタン画像 簡単作成ツール
 スイッチ ボタン・ビルダーPro

===================================

是非ご検討下さい。

 

私のブログからご購入された方は特典をお付けしています。

 

優良特典です。購入の際、特典付きを確認してください。

 

最後までお読み頂き有難うございました。