こんにちは、takeshiです。

 

今日もご訪問頂き有難うございます。

 

こちらをポチっとお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

ランキングにも参加しています。ポチっとご協力お願い致します。

↓ ↓ ↓


初心者・お小遣い稼ぎランキング

 

ご協力ありがとうございました。

 

 

PCやスマホでよくメールに入ってくるネットビジネス案件

 

「スキル不要、作業時間1日たったの15分、スマホをタップするだけ」で

 

毎月30万円があなたの口座に振り込まれます。

 

なんて「ほんと?!」と思わせるメールが毎日の様に届いていませんか?

 

その90%以上は詐欺だと私は確信しています。なかには本当の物もあるのでしょうが

 

残念ながら、私は未だに本当に稼げる案件に出会った事が有りません。

 

こういう詐欺が横行しているので「ネットビジネスは胡散臭い。とか信じられない。」

 

という事がまだまだ定着しているでのはないでしょうか。

 

そこで詐欺案件の簡単な見分け方の5つのポイントをお教えします。

 

ポイント1   特定商取引法に基づく表示の確認

 

まず、LP(ランディングページ)の一番下に小さく記載されている「特定商取引法に基づく表示」を見ましょう。

 

 

これはネットで商品を販売するにあたり、必ず記載しなければいけない項目が法律で定められています。

 

〇  事業者の名称(会社名)

〇  販売者名

〇  住所

〇  事務所等の連絡先(電話番号)

〇  メールURL

 

などが有りますが、ショップへ行き、実際に商品を購入するのではなく、ネット上での購入の場合

 

お客様の立場からすると、顔の見えない人から商品を購入する不安を軽減するための表記と言えるでしょう。

 

その為に「特定商取引法に基づく表示」が販売者に義務付けされているんですね。

 

何かこの案件が気になるな。」と思ったらまず、「特定商取引法に基づく表示」を確認しましょう。

 

上記の何かが欠けていたら、注意する事ですね。特に連絡先の記入が無い場合など、商品購入後トラブルが発生しても

 

時すでに遅く、逃げられた後という事も有りますので肝心な所ですね。

 

メールアドレスもgmailのようなフリーmailも注意ですよ。

 

「上記の項目が全て書かれています。」という時は平日の午前中とか午後早めの時間に電話して

 

本当に営業しているか確認を取ってみる事をお勧めします。

 

また、住所もGoogleMapなどで調べる事も可能ですから、調べましょう。

 

詐欺案件の販売者はバーチャルオフィースを利用している事が多いので、ここも注意する必要があります。

 

バーチャルオフィースが悪いのではなく、いざとなれば逃げやすいという事です。

 

また、この様な注意書きも有ったら、「毎月全員に30万円稼がせます」なんて言っておきながら

 

 

「商品を購入後全く稼げない。」となったとしてもこの項目を盾にして、絶対に返金には応じません。

 

ポイント2   販売者とインタビュアーを調べる

 

動画には案件の販売者とインタビュアーが登場しますので、この2人をGoogleなどで検索する。

 

LPのプロフィールに経歴などが記されていても経歴詐称が多々有りますので、そんなに凄い人ならば、検索すれば

 

本当なのかどうかが分かるはずです。どんなにすばらしい経歴の持ち主でも鵜呑みにせず、調べる必要がありますので

 

本当に経歴がある人ならば検索すればヒットします。

 

いくら検索しても出てこない人は「経歴を偽っている」か「有名人と同姓同名の偽名」と考えたほうが良いでしょう。

 

また、インタビュアーも過去に詐欺案件をしていないかどうかも重要です。

 

詐欺の案件者とインタビュアーはグルになって詐欺を行います。

 

案件者になったり、インタビュアーになったりと交代して行っている詐欺グループですから

 

販売者が誰とつながっているかを知る事はポイントの1つですね。

 

ポイント3   動画のチェック

 

どの案件でも必ず動画を見せられます。それも1話~4話、5話まで。

 

どうして彼らは1話で完結させ無いのでしょうか?

 

それは1話ぐらいの動画では購入者を洗脳できないからです。

 

これは販売者にとってとても重要な事で、ネットを見ている人を時間を掛けて段々と購買意欲をかきたてる事が目的です。

 

これは「プロダクトローンチ」といって商品を購入してもらう方法の一つですが、かなり効果があるので

 

詐欺師たちはこの手法を使ってあなたは徐々に洗脳させられてしまうのです。

 

1話では必ずビジネスモデルを明かしません。何故なら、価値の無い商品や嘘の商品である事を分からせない様にする為です。

 

自分の経歴や何故この商品を販売するに至ったか。など嘘や台本を読んだように話をしたりします。

 

販売者のセリフが棒読みの様に(自分の言葉で言ってないな)と感じたりしたら注意してください。

 

たまに、売れない役者などを使ったりして、上手に話す人もいますので分かりずらい時もありますけどね。

 

ポイント4   預金通帳の入金額は偽造

 

動画内でよく証拠です。と言って銀行口座の入金額を提示しますが、加工してます。

 

現在では画像加工のテクニックを知っている人に頼めばいくらでも金額を偽造できますので

 

通帳や、スマホの入金画像を見せられても信憑性がありません。

 

「これが証拠です」と言っても鵜呑みにせず、まず疑う事を忘れずに。

 

ポイント5   コメントは読まず、書かない

 

どの案件も同様に動画の最後にコメント欄に「動画を見た感想や将来これでお金持ちになったら何をしたいですか?」

 

を必ず書いて下さい。「コメントを書いてくれた人に特別にプレゼントをします。」

 

とコメントを要求してきます。これは購入見込み客数を把握する為だと思います。

 

コメント欄には「早く借金を返したい。子供を良い学校に入れたい。老後の蓄えが心配なので。」

 

というような事が書かれており、これらのコメント見た人達の心理を利用して、「この人も私と同じ思いなんだ」

 

と言う様な共鳴感を作り出し、購買意欲を更にかきたてる為だとも私は感じています。

 

まとめ

 

詐欺師は巧な手口と甘い謳い文句を使い分けあなたに襲い掛かってきます。

 

その為、自分でも対処して騙されない様、安易に動画を見て信じない心構えが必要です。

 

動画などは1話で完結する事はまず有りません。最低でも4話ぐらい時間を掛けて貴方を洗脳していくのです。

 

お金を支払った後で、「騙された」と思っても、返金されることは非常に難しく大変です。

 

消費者センターへ相談しに行ったり、弁護士に頼んで返金してもらったりと気苦労ばかりの毎日が続きます。

 

私は経験者なのではっきりと断言できます。本当に面倒です!

 

そんな面倒な事でも、全額返ってくればやった甲斐も有りますが、そのほとんどは全額返金は難しく半分でも返金されれば良し。といった所です。

 

購入する前に必ず販売者や販売会社の存在をちゃんと確かめて購入を決めて下さいね。

 

「スキル必要なし。簡単作業、毎月30万円があなたの口座に振り込まれます」

 

というような甘いビジネスは存在しないのだという事を常に頭の隅に置いておきましょう。

 

 「中々思う様に貯蓄ができない」という方に読んで頂きたい商材の紹介です。

 

〇  何といっても魅力なのはこの商材を実践してそのマニュアルを自分で電子書籍として販売する事も可能。

 

〇 ホームページ、プロが書いたセールスページ付き。

 

〇  また、ネットでビジネスを行う為に必須である「特定商取引法に基づく表記サイト」「プライバシーポリシーサイト」のホームページも付いてます。

 

勉強もでき、そのノウハウを販売できるなんて、一石二鳥だと思いませんか。

 

〇  その他にも沢山の特典付きですので、ご興味の有る方は是非このページから申し込みしてくださいね。

 

画像をクリックして詳細をご覧ください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

またのご訪問お待ちしております。