こんにちは、takeshiです。

 

今日もご訪問頂き有難うございます。

 

こちらをポチっとお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

ランキングにも参加しています。ポチっとご協力お願い致します。

↓ ↓ ↓


初心者・お小遣い稼ぎランキング

 

ご協力ありがとうございました。

 

さて今回は前回検証したオファー「仮称 総額40億円ばら撒きプロジェクト」

 

実際の名称は「木村裕ライフクリエイト」というものです。

 

追記として前回のブログに付け加えて行こうと考えておりましたが、

 

本日、3回目の木村氏からのLINEが有り、動画を見てこれは怪しい。と感じましたので

 

追記では書き足らないと思い、「新しく続き」として書くことにいたしました。

 

 

前回まではライフクリエイト(LC)のビジネスモデルは仮想通貨である。と判断しましたが

 

今回の動画でより一層このビジネスモデルがはっきりとしてきました。

 

ライフクリエイトのビジネスモデル

 

今回のオファーのビジネスモデルは仮想通貨取引所が発行するトークンがその実態となります。

 

仮想通貨取引所発行の「トークン」と言われてもピンとこない方にざっと説明いたします。

 

仮想通貨取引所トークンとは

 

取引所トークンとは、仮想通貨取引所が独自に発行している通貨のことです。

 

仮想通貨はその全てがブロックチェーン上で発行されています。

 

ビットコインやイーサリアムなどは独自のブロックチェーンで取引を行っていますが、

 

そのビットコインやイーサリアムなどの既存のブロックチェーンを利用して発行しているのがトークンです。

 

ブロックチェーンとは

 

仮想通貨の中核となる「取引データ」技術のこと。

 

取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、

 

複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と呼びます。

 

ブロックチェーンは、もともと仮想通貨であるビットコインのために開発された技術であり、

 

その用途は限定的であるかのように思われました。

 

しかしながら、高い改ざん防止の性能や、中枢のコンピューターが不要という技術であるが故に、

 

ビットコインだけでなく通常の銀行でも利用されるほどの高い『信頼性』と『安全性』を備えているのです。

 

参考資料元:クリプトゥーロウ.com

 

以上、「仮想通貨取引所トークンやブロックチェーン」について説明させて頂きましたが、

 

本題から少しずれて来ましたので説明はこの辺で終了します。

 

木村氏の動画3ではこのトークンをいち早く入手し、「最初の価格で買ったトークンの20倍で両替します。

 

という事なんですけど、これだけ聞いたら、「本当なの?! ならすぐにトークンを買いたい!!」

 

って思うのが普通なんですが、その木村氏が薦めるトークンに疑問があるんです。

 

次の項目に注意してください。

 

トークンに関する3つの確認項目

 

トークンが上場しているか否かを確認する事

 

発行元が信頼できる企業なのか否かを確認する事

 

トークンの使い道に将来性があるか否かを確認する事

 

トークン自体が確かな発行元であれば送金手数料が格安になったり、

 

持っているだけで配当金が貰えたりとか、もの凄くメリットが有るのですが、

 

逆に上記の注意項目が全て「」であるトークンだと、かなりのリスクが生じてしまいます。

 

例えば取引所が停止や閉鎖などしたら、トークンの価値はゼロになってしまいます。

 

今回の木村裕氏がお薦めしているのが、「キャッスル」というトークンになります。

 

このキャッスルというトークンは2018年7月に西田尚樹という人物が紹介してネット上でも悪評が立ってます。

 

 

2018年7月の時点でキャッスルの上場先とその時期は2018年12月とされていましたが、2019年4月現在でも

 

取引所も開設されておらず、当然のごとくどこの取引所でも上場されていません。

 

そこで、キャッスルのホームページを検索してみてら「403エラー」が表示されてしまい閉鎖されています。

 

木村裕氏はこのキャッスルが上場すれば価格が20倍になるのが確約しているので、

 

「今の内に買っておけば現在価格の20倍の価格でキャッスルを両替します」と言っています。

 

 

とこの様な画像を視聴者さんに見せつけていますが、彼の言う「20倍の価格が確定、それを木村氏が両替する」

 

と言ってもあくまでキャッスルが上場したらの話であり、昨年末に上場すると公開していたにも関わらず

 

2019年4月現在に至ってもICOキャッスルの取引所さえ確認されていないので、このオファーは危険だと思います。

 

まとめ

 

結論を言いますとこの木村裕ライフクリエイトはお薦めいたしません。

 

キャッスルトークンを買わせるオファーで有る事  

 

キャッスルは未だ取引所も無く、上場する可能性も未定

 

キャッスルの公式ホームページが現在閉鎖されており、詳しい状況が全く分からない

 

このような状況であるにも関わらず、木村氏は「キャッスルの正式オープンは今年の夏

 

だと言っていますがあなたは信じる事ができますか。

 

以上が近々の「木村裕ライフクリエイトのオファー検証」でした。

 

このオファーを検討されている方は是非、参考にして頂ければと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

またのご訪問、お待ちしております。